ダイエットを食事制限だけで成功させる方法 | 情報収集で賢く減量

MENU

ダイエットに食事制限は絶対必要?

食事をとるか悩む女性

 

「ダイエット」と言うと、まず食事制限を始める人が多いのではないでしょうか。
特に若い女性に多く、ダイエット中だから食べないというセリフをよく耳にします。

 

 

そもそも、ダイエットの基本は
「エネルギーを摂取する量を減らして消費する量を増やす」ということ。
したがって食事制限も正しい方法です。
しかし状況によっては、必ずしも食事制限をしなければ痩せないとは限りません。

 

 

食事制限が必要ない人ってどんな人?

 

運動をしている

上記のように、食事制限はエネルギーの摂取量を減らすこと。
逆の見方をすれば、運動をすることでエネルギー消費量が減らせます。
そのため定期的に運動をする習慣がある人は、食事制限が必要とは言い切れません。

 

 

しかし、運動習慣のある人の割合を平成5年と平成25年で比べると、

 

【女性の場合】
20代:17.4%→16.8%
30代:15.1%→12.9%

 

【男性の場合】
20代:30.5%→16.3%
30代: 18.8%→13.1%

 

 

20年前と比べて大幅に減少しています。
若者の運動不足は現代人の課題でしょう。

 

 

運動をせず代謝が悪いままでは、ダイエットの効果も思うように発揮できません。
可能であれば、適度な運動で体のコンディションを整えてから
食事制限に移るのが理想的です。
もちろん、運動しているからと言って食べ過ぎは禁物ですよ。

 

 

年齢

10代・20代の若い頃は、代謝量が多いため
食べ過ぎや頻繁な飲み会など多少の無理をしても太りにくく、
必ずしも食事制限が必要というわけではありません。

 

 

逆に、若いうちから糖質や脂肪を制限しすぎると、
栄養不足で老化を早めることもあるので要注意。
食事制限ダイエットを行う場合は、栄養素が偏らないように意識しましょう。

 

 

年齢を重ねると徐々に代謝が落ち、若い頃と同じ量を食べても太ってしまうように…。
そんな場合には食事制限が効果的です。

 

 

腎臓・肝臓・すい臓に持病がある方は、
食事制限、特に糖質を制限することは止めておきましょう。
食事制限によって臓器への負担が大きくなってしまいます。

 


食事制限だけでは痩せない!?

メタボな人

ダイエットを始めたはいいけれど、中々痩せない…。
そんなお悩みをお持ちの方も多いかと思います。
ダイエットの本質とも言える食事制限。
食事制限をしているつもりでも、
効果が出ない時にはやり方を見直しましょう。

 

食事制限をする上での注意点をご紹介します。

 

 

うっかり間食

お菓子食事には気を配っていても、間食をしてしまっては努力が水の泡。おやつは控えましょう。たとえ一つ一つが低カロリーのおやつであっても、間食をするという「習慣」を取り除くことが重要です。

 

 

普段から間食の習慣がある方は、本格的なダイエットを始める前から
徐々におやつの量を減らしていくと良いかもしれません。

 

 

ダイエットでは小腹が空いた時に耐える、
というのが最もつらいことかもしれませんね…。

 

 

アルコールやジュースを飲んでない?

ビール言わずもがな、ダイエット中のアルコール類は逆効果です。血液中の中性脂肪はアルコール摂取量に比例して増えていきます。これはアルコールと一緒に食べるもののカロリーに加え、肝臓で中性脂肪であるトリグリセリドが合成されるから。

 

 

蒸留酒なら太らない、という仮説もありますが、
ダイエット中はアルコールそのものを絶つ方が確実です。
また、ついつい飲んでしまう清涼飲料水にも注意が必要です。
清涼飲料水には多量の糖分が含まれています。

 

 

例えば、コーラやサイダーなどの炭酸飲料には、
500ml中50g程度の糖分が含まれています。
なんと1割程度は糖分なのです!

 

 

50gと言えば、喫茶店のスティックシュガー約17本分。
いかに多くの糖分が入っているかお分かりでしょうか。

 

 

「ダイエット○○」というカロリーオフの飲料もありますが、
これはお砂糖や液糖の代わりに人工甘味料を使っています。

 

 

たとえ炭水化物を減らすダイエットをしていても、
飲料水で炭水化物を摂取してしまっては効果が半減です。
水分は、水やお茶などカロリーの低いものに切り替えましょう。

 


更新履歴