低炭水化物ダイエット

MENU

低炭水化物ダイエットとは

低炭水化物ダイエットとは、食事から得られる糖質をできる限り少なくして体重を落としていくこと。糖質自体は、脳や神経系の唯一のエネルギーとして大切な役割がありますが、とりすぎると中性脂肪に変わるというデメリットがあります。脂肪に比べて糖質は知らず知らずのうちに摂取してしまうことが多いため、意識しながら食事をとるようにしましょう。

 

 

低炭水化物ダイエットは、「炭水化物(抜き)ダイエット」「糖質制限ダイエット」「低糖質ダイエット」とも呼ばれています。

 

低炭水化物ダイエットの方法

低炭水化物ダイエットは、食事から得られる炭水化物を減らすことで実践できます。基本的には、炭水化物以外に制限はないため、食事制限ダイエットの中でも楽に進められるダイエット法だといえます。

 

 

さらに、朝、昼、晩ごはんすべてではなくどれか1食抜くだけで良いので、「白米大好き!」という方も取り組みやすいと思います。糖質は不足すると集中力が持続しないというデメリットがあるので、できれば朝食はしっかりととるようにしましょう。

 

 

3食すべてごはんや麺などの炭水化物を摂取せずにダイエットを目指すのもありですが、その場合は、いもや砂糖など他の食材で糖質を補うようにしてください。1日最低でも100g前後の糖質は必要です。

 

低炭水化物ダイエット記事一覧

 

糖質とは、炭水化物から食物繊維の量を引いたもののことを言います。しかし、食物繊維の量が極めて少ない場合には、糖質=炭水化物と表示されることが多く三代栄養素の1つとされています。一方、糖分については、はっきりとした定義がなく「食品に含まれる糖の量」や「甘い食べ物に含まれる主成分」などと言われています。糖質の摂取量糖質の摂取量は、男女とも摂取カロリーの50〜70%が目安とされています。例えば、体重50...

 
 

低炭水化物ダイエットを始めるうえで知っておきたいのが食べてはいけない食べ物のこと。食材としては、炭水化物の中でもGI値が高いお米とパンはNGです。しかし、個人的にはどうしてもの時には少量であればOKだと考えています。食べるのを我慢してストレスがたまると大変ですから。ただし、お米や麺など炭水化物を多く使った料理はダイエット中にはNGです。例えば、牛丼、天丼、かつ丼、ラーメン、オムライスなど。コンビニ...

 
 

低炭水化物ダイエットがジャンルとして確立するほど人気が出たのはメリットの多さにあります。ご自分の希望と合うかどうかチェックしてみてください。炭水化物抜きダイエットのメリット他のダイエットより短期間で効果を得られやすい個人差はありますが、1ヶ月ほどで何らかの効果を得らることが多いです。早い人では、夕食の炭水化物を減らした翌日に1kg以上やせたという声も。期間限定でとにかく早く結果を出したいという方に...

 
 

ケトン体ダイエットとは、炭水化物量を極端に減らすダイエットのこと。低炭水化物ダイエットをさらにストイックにしたダイエットです。具体的には、ダイエット開始日から2週間炭水化物を排除し(全くではない)、体脂肪が消費されやすい体質を一気に作ります。2週間経てば体重を見ながら少しずつ増やしていくというもの。低炭水化物ダイエットと違い常に炭水化物を意識する必要はありませんが、最初の2週間が人によってはかなり...