食べてもいいもの悪いもの

MENU

低炭水化物ダイエットで食べてはいけないものは?

低炭水化物ダイエットを始めるうえで知っておきたいのが食べてはいけない食べ物のこと。食材としては、炭水化物の中でもGI値が高いお米とパンはNGです。しかし、個人的にはどうしてもの時には少量であればOKだと考えています。食べるのを我慢してストレスがたまると大変ですから。

 

 

ただし、お米や麺など炭水化物を多く使った料理はダイエット中にはNGです。例えば、牛丼、天丼、かつ丼、ラーメン、オムライスなど。コンビニでカロリー表記を見ると分かると思いますが、このようなメニューは必ずといっていいほど700kcalを超えてきます。高カロリー食はダイエットには不向きです。

 

 

特に丼ものに使われるご飯は、GI値が高く太りやすいので要注意。我慢できない時は、天丼より天ぷら定食、かつ丼よりヒレカツ定食という手もあります。どちらも油が多く使われているのでおすすめといえるほどではありませんが(^^;

 

 

男性の方は好きな方も多いと思いますが、仕事を終えた後の「ラーメン+餃子+チャーハン」はメタボ一直線コースなので絶対にNGです(><)とんこつラーメンだと替え玉も必須という方もいるかもしれませんがもちろんNG。食べるなら小ラーメン程度にしておきましょう。

 

炭水化物が多いのは主食だけではない!

炭水化物といえば麺やごはんをイメージしますが、主食の他、お野菜やお菓子にも多く含むものがあります。例えば、野菜だと注意したいのが、にんじん、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ。

 

 

ニンジンには9g、じゃがいもには20g、サツマイモは40g、かぼちゃ(西洋)には20gの炭水化物が100g中に含まれています。特にじゃがいもとかぼちゃは1度に多く食べることもあると思いますので、食べすぎないように気をつけてください。

 

 

また、お菓子でいえば、チョコレート、せんべい、クッキー、フライドポテトにも多く炭水化物(糖質)が含まれています。最近では糖質を制限したクッキーやビスケットの販売もあるので、お菓子好きな方はぜひ利用してみてください。おからクッキーは自宅でも簡単に作れるのでおすすめです。

 

低炭水化物ダイエットにお酒は厳禁?

炭水化物抜きダイエット中には、飲んでも良いお酒とダメなお酒があります。基準は糖質を含むか含まないか。意外と糖質を含まないお酒は多いのでお酒好きの方も一安心ですね。

 

 

・低炭水化物ダイエットOKなお酒・・・糖質ゼロ

ウィスキー、焼酎、ジン・ウォッカ、糖質ゼロの発泡酒、ブランデー、ラムなど。

 

・低炭水化物ダイエット少しならOKなお酒・・・糖質が少ない

赤ワイン、白ワイン、紹興酒、糖質70%OFFの発泡酒など。

 

・低炭水化物ダイエットNGなお酒・・・糖質が多い

梅酒、日本酒、ビール、発泡酒、カシス、カンパリなど。

 

 

糖質ゼロのお酒はいくら飲んでも大丈夫ですが、糖質が少ないお酒は1杯程度に抑えておいてください。少ないといっても飲み過ぎるとその分糖質をとってしまうことになるので。また、ワインは甘口程糖質量が増えるので辛口がおすすめです。

 

炭水化物の中で食べても良いもの

炭水化物の中でも比較的太りにくい食べ物というものがあります。それは、GI値の低い食材。GI値は、血糖値(血液中の糖質量)を上げる値のこと。GI血が高くなるほど血糖を各組織に運ぶインスリンの分泌が増えます。このインスリンというのが少しやっかいで、過剰分泌されると脂肪分解を抑制して体内に蓄積する作用があるのです。

 

 

そのため、低炭水化物ダイエット中はGI値のことも気にしながら食事をとることが大切です。上でもご紹介しましたが、炭水化物の中でいちばんGI高いのはごはんとパン。次が、うどんとパスタ。そして、春雨、そば、小麦全粒粉パン、玄米は、たんぱく質の中でもGI値が低いとされています。

 

 

食事のメニューで迷ったらごはんものではなくパスタにしたり、パンが好きな方は小麦全粒粉パンに変えてみたりなどの工夫が大切です。もっといえば、カルボナーラより糖質量の少ないペペロンチーノがベター。ペペロンチーノは作るのも簡単ですし、脂肪燃焼効果のある唐辛子も使われているのでおすすめです。

 

関連ページ

糖質って何?
糖質のあれこれ。
メリット・デメリット
低炭水化物ダイエットのメリット・デメリットをご紹介。どちらも理解して効率よくダイエットをめざしましょう。低炭水化物ダイエットで痩せない3つのタイプも公開中。ぜひチェックしてください。
ケトン体ダイエットとは
低炭水化物ダイエットの進化型ともいえるケトン体ダイエット。その特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。