カロリーメイトVSおにぎり | ダイエットを食事制限だけで成功させる方法

MENU

200kcalのカロリーメイトVS150kcalのおにぎり

カロリーメイトとおにぎり

 

 

小腹が空いた時・パパッと手短に栄養を摂りたいと思った時に思い浮かべる食べ物は何でしょうか?定番と言えば、栄養補助食品やおにぎりが挙がりそうです。では、この2つはどちらがダイエットには適しているのか比較してみましょう。

 

 

まずは栄養補助食品。こちらは代表的なものとして「カロリーメイト」が有名です。黄色いパッケージのカロリーメイトは1本100kcalと、非常に明快なエネルギー量。小袋に2本ずつ入っているので、小さい箱なら200kcal。様々な栄養が配合されており、空腹だけど時間がない!という時に重宝します。

 

 

ただ、カロリーメイトは栄養補助食品ですから「エネルギー源」体を動かすエネルギーにするために、小麦粉・油脂・バターなどの食材が含まれています。ダイエット中は、これらを食事でも摂っているのであれば不向きな場合もあります。

 

 

次はおにぎりについて。おにぎりは1個150kcal程度。と言っても、中の具に左右されます。マヨネーズの入ったもの(ツナマヨなど)・お肉系(照り焼きチキンやソーセージなど)はカロリーが高く、コンビニなど場所によっては200kcalを超えます。

 

 

食事制限中は、梅、昆布、海苔、野沢菜などカロリーの低い具にしましょう。時々であれば、鮭やおかかでも良いです。

 

 

また、ご飯を白米から玄米にすれば更にダイエット向き。ミネラルや食物繊維が摂れる上に、歯ごたえがあるので良く噛むことで満足感が得られます。おにぎりはコンビニよりも手作りの方がおすすめ。週末など時間のある時にまとめて握って、冷凍保存しておくと便利ですよ。

 

 

総合的に見ると、ダイエットのためには中の具も調整できてカロリーを抑えられる「おにぎり」の方が適しています。もちろん食べ過ぎは厳禁ですので注意してくださいね。

 

 

おにぎりなどの炭水化物を多くとりすぎた日は糖の吸収を抑えるサプリメント摂取をおすすめします。

 


関連ページ

ダイエットコーラは痩せる?
コカ・コーラの代わりにダイエットコーラを飲むと痩せるのか。調べてみました。