食べてはいけないもの | ダイエットを食事制限だけで成功させる方法

MENU

ダイエット中に食べてはいけないもの

食べたらだめなもの

ダイエット中に絶対に食べてはいけないものというものは存在しません。1日にとってもいいカロリー内であれば基本的には何を食べても大丈夫。しかし、そうはいっても「これだけはダメ!」と言われた方がやりやすいという場合もあるので、ここでは「できる限り避けたい食べもの」としてご紹介していきます。

 


ダイエット中にできる限り避けたい食べ物

ダイエット中になるべく食べない方が良い食べ物は、大きく分けて3つあります。普段からよく食べているというものがあれば、徐々にでもかまいませんので量を減らしていきましょう。「3種類とも全部大好き!」という場合はちょっと大変かもしれません。

 

 

ダイエット中にできる限り避けたい食べ物

炭水化物(糖質)

大盛ご飯食事制限ダイエットといえば糖質(制限)と言われるほど定番の成分です。糖質は脳には欠かせない成分で、極端に減らすと集中力欠如などのデメリットが生じます。しかし、とりすぎると脂肪へと変わりぶくぶく太ってしまう恐ろしい一面も。主に、ごはんやパン、麺類など主食といわれるものに多く含まれています。

 

ごはんを食べる量をゼロにするのはなかなか難しいと思いますので、「おかわりをしない」「雑穀米にする」など工夫する必要があります。食事制限を本気で考えているならば、「朝食は食パン3枚!」「昼食は大盛パスタ!」「夕食はかつ丼!」なんて生活は絶対にNGです。

 

 

甘〜いデザート(糖質)

ドーナツこれも1の炭水化物と同じですが、甘いスィーツやお菓子にも糖質がたっぷり含まれています。「デザートは別腹」なんて毎回食べていたら痩せることはできません。また、デザートに限らずミルクココアなどの甘い飲み物にも糖質は多く含まれます。お菓子の中でも糖質が多くトランス脂肪酸を使用しているドーナツはダイエットの大敵ですので要注意。

 

脂肪たっぷりのお肉

豚バラ肉食事制限中にお肉を食べるのは悪いことではなく、むしろ筋肉を作るたんぱく質を多く含むのでおすすめです。しかし、脂肪を多く含むお肉(部位)を食べるのはNG。お肉の種類で言うと、豚肉→牛肉→鶏肉の順で太りやすくなっています。ショウガ焼きと焼肉で悩んだら焼肉の方がベター。

 

また、調理する部位によっても脂肪量は変わってきます。例えば、豚肉だと豚バラより豚もも肉、鶏肉であればもも肉より胸肉やササミの方が脂肪分が少なく太りにくいです。

 

食事制限中にできれば避けたい食べ物まとめ

炭水化物、デザート、脂肪の多いお肉はできる限り食べない方が良いですが、これらが大好きな人にとっては、食事制限ダイエットはとても辛いものになるかもしれません。ストレスがたまり病気になってしまっては大変なので、実際に制限してみてもしも無理そうであれば、運動をプラスしたダイエットに切り替えることをおすすめします。

 

 

また、脂肪を摂りすぎがちな人は脂肪燃焼系サプリメントを、糖質を多く摂ってしまう人は糖の吸収を抑えるサプリメントを一緒に摂ることで脂肪や糖が身体に吸収されるのを防ぎます。

 

>>目的別ダイエットサプリメント

 

ダイエットサプリメント

 

 

最初にも言いましたが、1日の摂取カロリー以内に抑えられれば、好きなものを食べても太ってしまうということはありません。健康のことを考えれば野菜中心の方が良いですが、「痩せる」ことを目標とするのであればカロリー計算をしっかり行えば太ることはありませんので、無理をしすぎず楽しくダイエットできるように頑張っていきましょう。

 

関連ページ

果物は糖質が多いので要注意
単品ダイエットとしても採用されやすい果物ですが、糖質が多いのでとりすぎはNGです。食べても良い果物、ダメな果物を見極めうまく利用していきましょう。