BMIとは | 食事を変えてダイエットを成功させる方法

MENU

肥満の定義とは

肥満にはちゃんとした定義があります。それは、「身体を構成する成分のうち体脂肪が異常に増加した状態」のこと。そのため、標準体重より重いからと言って必ず肥満であるとは言い切れません。意外と知らない人も多いので覚えておいてください。

 

 

BMIとは

BMIとは、Body Mass Indexの略称で体格指数を1uあたりの体重で求めた値のことをいいます。世界的に使われている計算式ではありますが、体格の違いなどから欧米と日本では肥満とされる数値に違いがあります。日本では、BMI25以上を肥満としています。大阪大学医学部の研究では男女ともにBMIが約22の時に疾病率が最も低かったことから、日本肥満学会はBMI22を標準値としました。

 

 

この標準値から身長をもとにして標準体重を計算することができます。計算式は、標準体重=22×身長(m)×身長(m)になります。

 

(例)身長160cmの場合
22×1.6×1.6=56.32kg

 

男女ともにBMIの標準値は22とされていますが、具体的には男性22.2、女性21.9であるため、サイトによっては男性22、女性21で計算されているものもあります。

 

BMIで肥満を確定させることはできない

日本国内ではBMI25以上で肥満とされますが、BMIは身長のみで計算されるため、「肥満」と確定することはできません。上にも書いたように、肥満の定義は体脂肪が異常に増加した状態のこと。そのため、標準体重を上回っているからすぐにダイエットが必要というわけではありません。

 

 

自分にダイエットが必要かどうかは、まずBMIを計算し25を超えていたら体脂肪率を図るようにしましょう。体脂肪率は、男性が25%以上、女性が35%以上が肥満の目安とされています。BMIが肥満の数値を出すと糖尿病、脳卒中、心臓病、高血圧などの生活習慣病にかかりやすいとされています。

 

BMIの基準値
BMIは、18.5未満を低体重、18.5以上25.0未満を標準値、25.0以上30.0未満を肥満1度、30.0以上35.0未満を肥満2度、35.0以上40.0未満を肥満3度、40.0以上を肥満4度としています。

 

ブローカ式桂変法

日本では以前、目標体重を求めるためにブローカ式桂変法というものが使われていました。名称だけきくとよくわからない人も多いかもしれませんが、数式を見ると一度は使ったことがある人もいるのではないでしょうか。ブローカ桂変法の計算式は、(身長−100)×0.9になります。ここでの身長はBMIと違いセンチで計算します。

 

(例)160cmの人の場合
(160−100)×0.9=54kg

 

BMIで計算したときは、56.32kgだったので、ブローカ式桂変法の方が2.32kg少なくなっているのがわかります。

 

 

しばらくの間このブローカ式桂変法が用いられていましたが、その根拠となる基礎データが身長155〜165cmと幅が狭く、身長が低い正常者を肥満としたり、身長が高い肥満者を見逃したりといったデメリットがあるため使われなくなりました。

 

関連ページ

理想の減量ペースは?
理想の減量ペースについて。