満腹感の高い食べ物は? | ダイエットを食事制限だけで成功させる方法

MENU

満腹感を得られる食材を積極的にとり入れよう

食事制限ダイエット中は、食事量の少なさからストレスが溜まりがち。そんなストレスを解消するためのたっぷり食べられる低カロリー食材や、満腹感を得やすい食材を紹介します。積極的に摂り入れてダイエットを成功させましょう。

高い満腹感を得られる食べ物やメニューは?

こんにゃく

こんにゃくもはやダイエット食の定番、世界でも注目されつつあるこんにゃく。100gで6kcalほどの低カロリー食材です。しらたきを味付けしてパスタのように食べたり、細かく刻んでご飯の中に混ぜ込むとカロリーが控えられておすすめ。また、食物繊維がたっぷり含まれているので、カロリーダウンとデトックスが同時に叶う食材です。

 

 

もやし

もやし低価格なので節約食材としても有名なもやし。低カロリーに加えて、様々な栄養が含まれています。ビタミン類は加熱に弱いので、サッと炒めたり蒸すのが良いでしょう。普段の炒め物や鍋物に入れるだけで、ボリュームはもちろんシャキシャキ食感がプラスされて美味しいですよ。

 

ビタミンC・・・鉄分の吸収を高める、美白効果
カリウム・・・血液循環を助ける
食物繊維・・・便秘や糖尿病など生活習慣からなる病の改善
アスパラギン酸・・・疲労回復

 

 

麩煮汁を吸って柔らかくふわふわになる美味しい麩。
低カロリーなのに、実はミネラルが豊富なんです。麩は水分を含むと膨らむので、かさ増しにも適しています。細かくちぎってハンバークの中に入れると、ふわふわで満足感のあるボリュームに。また親子丼のお肉の代わりに麩を使うのもおすすめ。卵とじにすることで味がしっかり染みて美味しいです。

 

ナトリウム・・・高血圧を防ぐ、不足すると夏バテの原因にも
カルシウム・・・歯や骨の形成
リン・・・歯や骨の形成、DNAの成分
亜鉛・・・精神状態の安定、肌のターンオーバー促進、免疫力の向上

 

 

バナナ

バナナバナナ1本(約100g)は86kcal。ご飯で言えばお茶碗半分ぐらいです。バナナは栄養価が高い食べ物として知られ、カリウム・脂肪の燃焼に役立つビタミンB2・カルシウムの吸収率を上げるマグネシウムなど、健康には欠かせない成分がたっぷり。ずっしりとして満足感が高いので、小腹が空いたらお菓子ではなくバナナがおすすめ。疲労回復効果もあります。

 

>>ダイエット目的別サプリメント