お正月料理に要注意 | ダイエットを食事制限だけで成功させる方法

MENU

お正月に食べるおせちはカロリーが高い?

お正月に食べる食べるおせち料理ですが、実際のところカロリーはどれくらいなのでしょうか?

 

 

おせち料理は、新年に台所での仕事を減らすために保存料として作られたのが始まりといわれています。そのため、食材はすべて保存がきくものばかり。

 

 

おせち料理を作ったことがある方はわかると思いますが、おせちに使う食材は、保存期間をのばすために砂糖や塩を多く使っています。その割に、塩辛く感じるものが少なく、無意識にカロリーの高いものや塩分の多いものを食べていることも多々あります。

 

 

しかし、毎日の食事制限で我慢がたまっている方にとっては、お正月くらいは好きな料理を楽しんで食べたいですよね。こちらのページでは、カロリーをとりすぎないおせち料理の楽しみ方についてご紹介していきたいと思います。

 

 

おせち料理には実際どれくらいカロリーがあるの?

おせち料理の品目ごとのカロリーをご紹介します。あらかじめ知っていると余計なカロリー摂取を防ぐことができます。

 

 

【おせち料理のカロリー】
おせち料理
・栗きんとん(大きめの栗2粒)・・・約170kcal
・伊達巻一切れ・・・約60kcal
・黒豆大さじ1・・・約60kcal
・昆布巻き1切れ・・・約20kcal
・煮しめ(にんじん1枚、しいたけ1枚、ごぼう3枚)・・・約30kcal
・数の子2切れ(お寿司に乗る大きさ)・・・約40kcal
・紅白なます80g(小鉢1皿分)・・・約30kcal

 

 

特に、栗きんとん、伊達巻き、黒豆は、炭水化物や砂糖、みりんなどカロリーが高いものを含むため、食べすぎは禁物です。

 

 

また、おせち料理の他にお正月の定番になっているお雑煮も、炭水化物が多く含まれるので注意しましょう。ちなみに、角切り餅1個のカロリーは約120kcal。1日にとれる摂取カロリーにもよりますが、1〜2個に抑えるのが無難です。

 

 

おせち料理も食べ順ダイエットで

おせち料理も食べ順ダイエットで効率よく制限をかけることができます。最初は、野菜やきのこなど食物繊維が豊富なものを食べるようにすると、その後に食べる食材のカロリー吸収を緩やかにできます。

 

 

食物繊維を摂取した後は、好きなものを食べてOK!そして、最後に栗きんとんなどの甘いものをデザートとして食べるようにしてください。出来るだけ時間をかけてゆっくりと味わうとより効果的です。

 

 

お正月くらいは好きなものをガツガツ食べたい!という方もいると思いますが、連休で運動量も減るためお正月太りは後々元に戻すのが大変です。無理のない範囲で、カロリー制限、食べ順ダイエットを心がけていきましょう。