飲み会とお酒の種類 | ダイエットを食事制限だけで成功させる方法

MENU

食事制限中の飲み会は?太りにくいお酒はどれ?

飲み会のシーン

食事制限ダイエットの最中に、飲み会に誘われたら迷ってしまいますね。ダイエット中だからと言って、絶対に飲み会に行ってはいけない訳ではありませんよ。きちんと注意していれば、参加してもOK。今回は飲み会に誘われた時の乗り切り方や、お酒の種類についてご紹介いたします。

 


お酒は極力避ける

女医

飲み会に参加する事自体はダメではありませんが、ダイエット中のお酒は基本的にNG。お酒には、脂肪の合成を活発にする作用があります。また肝臓で作られたアセトアルデヒドによって、脂肪酸を分解する機能が低下してしまう可能性もあるのです。

 

 

「お酒は燃焼されやすく、飲んでも太らない」という説もありますが、肝機能に負担がかかることは事実。食事制限の効果が出にくくなってしまいます。

 

 

したがって、ダイエット中はお酒をできるだけ避けるようにしましょう。

 


太りにくいお酒はってあるの?

ウィスキー

お酒は避けたい、かと言って全く飲まないのも気まずい場面もありますよね。

 

 

そんな時には蒸留酒を選んで。蒸留酒とは、焼酎・ウイスキー・ブランデーなど、醸造酒を蒸留して作ったお酒のこと。ビールなどの醸造酒に比べてカロリーが低く、アルコール度数が高いため大量に飲むことも少ないでしょう。

 

 

お付き合いで飲む場面では、蒸留酒を少しずつ飲みながらおしゃべりなどコミュニケーションを楽しむのがおすすめ。

 


ダイエット中におすすめのおつまみは何?

おつまみ

おつまみは、脂質の少ないものを選ぶようにすると◎豆腐・鷄のささみ・枝豆など。お酒を飲む前に、きのこや野菜のおつまみを食べることで血糖値が急激に上昇しにくくなります。ゴボウ・イカ・こんにゃくなど、よく噛んで食べる必要があるものも食べ過ぎ防止に良いでしょう。

 

 

このように、食事制限中の飲み会に関しては、飲食の仕方をきちんと考えて参加しましょう。飲み会でリフレッシュして、継続的にダイエットを頑張りましょう!